【フリースタイル】今はフリースタイルラップバトルがアツい! 流行のMCバトルとは?

最近はフリースタイルダンジョンという番組のおかげか、フリースタイルラップバトルが人気となっている。今までラップにあまり関心のなかった人もフリースタイルでのラップバトルの動画を見るようになっているようだ。

フリースタイルラップバトルとは?

フリースタイルラップバトルとは、ラッパー同士で行われるヒップホップ文化が発祥のラップバトルである。MCバトルとも言われ、様々な大会が行われている。起源については諸説あるが、1970年代後半にアメリカの東海岸のヒップホップシーンだと考えられている。

単にラップで相手のことを攻撃し合うことをフリースタイルバトルということもあるが、今日本で流行っているのはビートの上で同じ数の小節分だけラップをし合うものである。8小節を3回ずつ回し合うなどいろいろなパターンが存在している。

音源で相手をラップで攻撃するのはビーフと呼ぶ

ラップで誰かを攻撃する手段はMCバトルだけではない。誰かが誰かをdisったという言葉が出たときは、多くの場合がビーフと呼ばれるものである。ビーフも相手をラップで攻撃するものだが、フリースタイルバトルと違って音源として録音してリリックで戦うものである。

ステージ上やストリートで行われている即興ラップの戦いはフリースタイルバトル、音源としてお互いに攻撃し合うのがビーフである。

日本でのフリースタイルバトルの状況は?

日本においてはライブイベントの企画としてフリースタイルバトルの時間が存在したり、フリースタイルバトルメインのイベントが行われたりなど多くの人に楽しまれている。会場もクラブだけでなくライブハウス等で行われることもあり、全国各地で楽しむことができる。日本では、ULTIMATE MC BATTLEというUMBと呼ばれる大会や、戦極MCBATTLEという大会が有名である。

クラブやストリートでは、フリースタイルバトルのために皆で円になり練習している光景もよくある。そのような練習のことをサイファーと呼ぶ。バトルでなくともスキルを見せあって楽しんでいるラッパーは多い。

フリースタイルバトルの勝敗は何で決まる?

フリースタイルバトルの勝敗は即興性だけではなく、しっかり相手の言葉に返してdisができているかという内容や、押韻のクオリティ、フロウがトラックに合っているか等の様々なポイントで評価される。実際に勝敗を判定するには、イベントでは現場の観客の歓声によって決まることが多い。他には審査員の多数決で判定される場合もよくある。

満場一致でどちらかが勝つようなバトルはほとんどない。そのため、少しでも勝つ可能性を上げるためにフリースタイルラッパーたちは毎日暇さえあれば一人でも練習しているというのはよく聞く話だ。

実際にフリースタイルラップバトルの映像をチェック!

過去に行われたフリースタイルラップバトルの有名な大会の映像がDVDになっている。本当に即興なのかと疑うほどのクオリティな戦いは見ているだけでワクワクする。ぜひともチェックしてもらいたい。

スポンサーリンク