【日本語ラップ】2017年の日本語ラップの売上ランキング

2017年も日本語ラップでは多くのアルバムがリリースされた。現在の売上はどのようになっているのだろうか。クオリティと売上は必ずしも直結しないが、リスナーとしては気になるところである。

日本語ラップのアルバム、2017年の売上ランキング  

・42,004枚 / PKCZ「360°ChamberZ」(3位) 2017年08月14日 付  
・19,716枚 / KICK THE CAN CREW「KICK!」(3位) 2017年09月11日 付  
・17,431枚 / SKY-HI「OLIVE」(8位) 2017年01月30日 付  
・11,298枚 / KREVA「嘘と煩悩」(6位) 2017年02月13日 付  
・10,481枚 / PUNPEE「MODREN TIMES」(7位) 2017年10月16日 付  
・8,825枚 / DOBERMAN INFINITY「#PLAY」(4位) 2017年06月26日 付  
・7,173枚 / RHYMESTER「ダンサブル」(12位) 2017年09月18日 付  
・6,215枚 / CREEPY NUTS (R-指定 & DJ松永)「助演男優賞」(16位) 2017年02月13日 付  
・4,886枚 / ヒルクライム「BEST 2006-2016」(11位) 2017年04月17日 付  
・4,309枚 / tofubeats「FANTASY CLUB」(19位) 2017年06月05日 付  
・4,171枚 / MAGiC BOYZ「第一次成長期〜Baby to Boy〜」(11位) 2017年09月11日 付  
・2,768枚 / BAD HOP「Mobb Life」(21位) 2017年09月18日 付  
・1,821枚 / 電波少女「HEALTH」(44位) 2017年10月09日 付  
・1,665枚 / 韻シスト「Another Day」(45位) 2017年07月31日 付  
・1,526枚 / DJ KRUSH「軌跡」(47位) 2017年06月19日 付  
・1,470枚 / ZORN「柴又日記」(40位) 2017年09月25日 付

数字にしてみると以外な形に!

KICK THE CAN CREWはやはり流石という売上だ。SKY-HI、KREVAに続いてPUNPEEのMODREN TIMESがあったのは少し驚いた。確かにタワーレコード等のショップでも大きく展開されていたから売れ筋だったのだろう。CREEPY NUTSはライブやフェスを中心に、HIPHOPについてそこまで興味がない層にも売れているようで納得の数字だ。

スポンサーリンク