【日本語ラップ】ラッパーが曲の前後や曲中で会話する理由は?

インターネットを見ていると、面白い話題を見つけた。それは、ラッパーはなぜ曲の前後や曲中で会話をしているのか、というものである。

ラッパーが会話を収録している理由とは?

確かに、日本語ラップのアルバムを一枚買うと何らかの形でラッパーが話しているところを聴けることも多い。どういった理由なのだろうか? ここまで多いと何か理由がありそうだ。曲のイントロで話していることもあれば、skitとして一曲分の枠を使っていることもある。ちなみにskitとは、寸劇という意味である。

会話を入れる理由は、リアルさのアピール!

一つの答えとして考えられるのが、リアルなラッパーであることをアピールするためというものだ。リアルさを重要視する日本語ラップにおいて、納得できる理由である。

日常的な暮らしの中の会話風景=リアル、リアル=ヒップホップ、ヒップホップ=日常的な暮らし、ということであろう。この考えに基いてラップの曲を作るとなると会話が収録されるのも理解できる。

会話以外にも車のクラクションの音や救急車・パトカーの音等を聴くことが多いのも同じ理由と考えられる。

スポンサーリンク