ラップ音源の作り方、完全マニュアル!押韻から録音までを徹底解説!

「ラップ音源の作り方が知りたい。。」なんて、お悩みではないでしょうか?

アツいHIPHOPの楽曲を聴いていたら、「自分もやってみたい!」という気持ちになりますよね。

しかし、周りにラッパーの知り合いがいなければ、なかなか作り方をどうすれば良いのかわからない人も多いはずです。

そこで今回は、ラップ音源の作り方を押韻から録音まで徹底的に解説します。

ラップ音源の作り方をしっかり理解して、自分の想いを曲という形に残しましょう!

ラップ音源の作り方3ステップ

実は、ラップ音源を作るためにはたった3つのステップを行うだけで完成させることができます!

具体的には、以下の3つのステップです。

ステップ1.トラックを探す
ステップ2.リリックを書く
ステップ3.レコーディングをする

それぞれのステップについて、順番に確認していきましょう。

ステップ1.トラックを探す

まずは、自分のリリックを乗せるためのトラックを探しましょう。

トラックを手に入れるための方法は、3つあります。

  1. 有料のトラックを購入する
  2. ラッパーのCDに入っているトラックを使う
  3. 無料で配布されているトラックを利用する

今回は、初めてなので3つ目の無料配布されたトラックを使う方法で音源を作っていきます。

トラックはどこで無料配布されているの?

トラックが配布されている場所はさまざまで、例えば以下のような場所で手に入れられます。

  • トラックメイカーのブログやサイト
  • サウンドクラウド
  • YouTube
  • ニコニコ動画

今回は、YouTubeからトラックを探してみましょう。

YouTubeで「トラック提供」や「フリートラック」と調べると、見つけることができます。

(引用:トラック提供 – YouTube

いろいろ聴いて、自分好みのものを見つけてみてください。

投稿してくれた人が利用する際の注意事項を書いていることが多いので、説明文も確認するようにしましょう。

トラックが決まったら、いよいよリリックを書いていきます。

ステップ2.リリックを書く

自分の想いをリリックに書いていきましょう。

リリックを書く際のポイントは、リアルさとライミングです。

この2つを意識しながら、トラックを聴きながらリリックを書いてみてください。

それぞれについて、確認していきます。

リリックはリアルなものがやりやすい!

リリックは、リアルなものを書くのがやりやすいです。

かっこいいラッパーたちに憧れてリリックを書き始めると、思うようなリリックにならず悔しい思いをすることもあると思います。

しかし、無理して嘘で取り繕おうとせずに、等身大のリアルな自分の気持ちを書くようにしましょう。

慣れてくれば、納得のいくものが書けるようになってくるので、最初はある程度、数をこなすことも大切です。

ふとしたときに思いついたリリックはメモをする癖をつけておいてください。

リリックを書くときのライミングって?

リリックを書くときは、ライミングを行えばラップらしくなるので意識するべきです。

ライミングとは、押韻を意味し、簡単に言えば、母音を揃えれば韻を踏めます。

初心者の場合は、語尾を同じ母音で揃えて韻を踏むと書きやすいです。

例えば、母音を「あいう(aiu)」で揃えると、以下のようになります。

歌いたくなって握ったマイク(mAIkU)
伝える気持ちはリアルなサイズ(sAIzU)
HIPHOPという名の悪魔の果実(kAzItU)
かじった結果 トラックにダイブ(dAIbU)

このように、ライミングを行えばリズムがとりやすく、歌いやすくなる効果もあるのでぜひやってみましょう。

ステップ3.レコーディングをする

トラックを決めてリリックが書けたら、ついにレコーディングです。

レコーディングの方法は、3つあります。

  • レコーディングを有料で使わせてもらう
  • 自宅にレコーディング環境を作る
  • スマートフォンで録音する

今回は、手軽にレコーディングができるスマートフォンを使いましょう。

スマートフォンでラップを録音しよう!

スマートフォンを使う場合は、とても簡単です。

もともと備わっているもので構わないので、録音アプリを起動してください。

そして、録音ボタンを押したらトラックを流しながらラップをします。

音量のバランスを決めるために、最初に何度か試しに録音してから本番を行うのが良いです。

まずはスマートフォンに音源を作りためて、納得のいくものができたらレコーディングスタジオに行くなど、他の方法でさらに本格的に音源を作りましょう。

レコーディングにコツはある?

レコーディングのコツは、以下のようなものがあります。

  • 息継ぎが難しければリリックを調節する
  • 自分のことをかっこいいラッパーだと思って自信を持つ
  • トラックをしっかり聴いてノリノリで歌う
  • 韻を踏んだところは意識して強調する

レコーディングは、実際に何度もやって経験を積むことが大切です。

これらのコツを意識しながら、どんどん曲を録音していきましょう。

まとめ

ラップ音源の作り方には、3つのステップがあります。

それは、トラックを見つけ、リリックを書き、レコーディングをするというものです。

簡易的な音源なら、今持っているものだけで作れる場合もあるので、気楽に挑戦してみましょう!

スポンサーリンク

『ラップ音源の作り方、完全マニュアル!押韻から録音までを徹底解説!』へのコメント

  1. 名前:魔界七将 投稿日:2019/01/07(月) 23:24:54 ID:8dfff0445

    ラッパーのCDについてるトラックってどうやって使うんですか?

    • 名前:日本語ラップ速報 投稿日:2019/01/09(水) 02:50:21 ID:78fe4f02f

      >ラッパーのCDについてるトラックってどうやって使うんですか?
      一度パソコンなどに曲を取り込めば使えると思います!