ラップの練習方法3選!今すぐにスキルを高める秘訣は?

「ラップが上手くなりたいけれど、どうすれば良いのだろう。。」なんて、お悩みではないでしょうか。

自分の思いをラップにしてみても、何だか憧れのラッパーのように上手くいかないという人は多いと思います。

その場合、正しい練習方法でスキルを高めていくべきです!

そこで今回は、ラップの練習方法の中でもすぐにできるものを3つご紹介していきます。

ラップの練習をたくさん行って、スキルフルなイケてるラッパーになりましょう。

ラップは練習すれば上手くなる?

ラップは練習すればするほど上手くなります。

初めてラップをしたときは、難しいと感じるラッパーが多いです。

しかし、毎日のようにラップをすることによって、確実に上手くなっていきます。

スキルの上がる速度は人によりますが、どれだけやっても上手くならないということはないので安心してください。

それではここからは、ラップの練習方法として効果的なものを見ていきましょう。

ラップの練習方法3選!

ラップの練習方法には、以下の3つがあります。

  1. トラックをリズムに乗りながら聴き込む
  2. さまざまなフロウを試す
  3. 録音をして自分にダメ出しをする

どれもすぐにでもできることばかりなので、積極的に試してみるべきです。

それぞれのラップの練習方法について、順番に確認していきましょう。

練習1.トラックをリズムに乗りながら聴き込む

トラックをリズムに乗りながら聴き込むのは非常に良い練習になります。

ラッパーとして、トラックに乗れるのは重要なスキルです。

しかし、いきなりラップを上手く乗せようとしてもなかなか思うようにできないと思います。

そこで、まずはラップを乗せようとせずにただノリノリでトラックを聴きまくってください。

たくさんトラックを聴き込むことで、上手くラップを乗せやすくなります。

声を出せないときでもできる練習なので、積極的に行いましょう。

練習2.さまざまなフロウを試す

さまざまなフロウを試すのも良い練習です。

自分のフロウを突き詰めるためには、自分以外のフロウを研究することも重要だとされています。

他のラッパーの良いところを取り入れることによって、あなたのフロウがより凄いものになるのです。

ハッキリと取り入れなくても多くのフロウを試すことは、確実にスキルアップに繋がります。

練習3.録音をして自分にダメ出しをする

自分のラップを録音して聴いてみて、自分にダメ出しをするのも非常に良い練習方法です。

ラップをしているときは上手くできているように感じても、実際に聴いてみるとミスがわかることはよくあります。

録音して聴いてみることで客観的に自分の音源について考えるキッカケになるのです。

録音はスマートフォンなどの簡単なもので問題ありません。

トラックを流してラップをするだけでも改善点が見つかることは多いです。

ワンフレーズできたら録音して聴いてみると、どんどん上達していきます。

以上が、ラップの効果的な練習方法でした。

他にも、サイファーに行くのも良い練習方法です。

ラップの練習にサイファーに行くのもアリ!

ラップの練習にサイファーに行くのもアリです。

サイファーに行けば、生のラップをたくさん味わえます。

また、人前でラップをするのでラッパーとしての度胸もついていくはずです。

したがって、人前でもラップをしたいと考えているなら積極的にサイファーに練習に行きましょう。 

まとめ

ラップは練習すればするほど上手くなります。

効率良くラップが上手くなる練習方法を3つご紹介したので、ぜひ試してみてください。

一人で練習することに慣れてきたら、サイファーでラップをするのも良いです。

さまざまな練習をして、スキルフルなラッパーになってください。

スポンサーリンク